理事長あいさつ

「こんにちは」日比野病院理事長、日比野誠一郎です。
令和元年、日比野病院は40周年を迎えました。これまで約9万人が日比野病院にかかられています。安佐南区在住が7割を占めることからも地域の病院として周知いただいているところです。病気では「脳疾患」が最も多くなりますが、最近では「肺炎」などの内科疾患も増えてきています。高齢者増加に対応している結果だと考えています。地域の皆様に温かく支えられてきましたことを感謝申し上げます。

40年前、広島大学病院脳神経外科助教授であった父日比野弘道は、当時、脳卒中増加に伴い脳神経外科が必要とされていること、旧市内には病院が多くある一方で、山間部に入ると病院がないことをとらえ、昭和54年に日比野病院を開設しました。まもなく米澤學先生、津元光雄先生、小林益樹先生、金澤潤一先生と一緒になって、現在の「脳疾患」と「救急」という形を築いてきました。

令和元年から木矢克造先生(元県立広島病院院長)も加わり、さらなる病院機能の明確化とレベルアップに邁進しながら、業界内外、皆様多方面からの御指導もいただいているところです。

今後は50周年、さらに60周年に向け、病院として安佐南区の「健康町づくり」に参加貢献したいと考え、全職員一丸となって新たな気持ちで走り出しています。

日比野誠一郎

院長あいさつ

日比野病院のホームページにアクセス頂きまして有難うございます。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、感染拡大防止と経済社会活動の両立に苦慮しながら、手探りを余儀なくされています。当院でも院内感染が生じないよう、その対策には神経を使っているところです。迅速なる診断体制は急務であり、ワクチンや治療薬の確立も願うところですが、飛沫感染と接触感染の予防がまずは基本です。

さて、日比野病院は昨年10月に開設40周年を迎えました。1979年、現在の地である広島市安佐南区の沼田町にて、日比野弘道先生の手により脳神経外科の単科病院120床として発足しました。その後の経緯については、今年発刊した「日比野病院40周年記念誌」にまとめています。地域の方から愛され信頼される病院を目指す意味で、医療法人信愛会と命名されました。2003年、開設者が道半ばで逝去されるという事態は大きな衝撃でした。この地域は広島市のベッドタウンとして高度成長を遂げていますが、高齢社会にさしかかり、残されたスタッフの試行錯誤により、現在の回復期・療養機能を中心としたケアミックス型の病院となりました。

この度、ホームページをリニューアルしました。当院は脳神経外科医の割合が高いため、この領域の専門外来を充実しました。地域における脳疾患の窓口として、外来をご利用下さい。地域救急も引き続き担っています。また高齢者対応として、総合的な内科管理も必要となるため、内科を総合診療科に変更しました。入院は脳疾患を主とする回復期機能を核としています。高度急性期病院から直接家に帰るには、神経の後遺症や体力低下に不安などがあるため、リハビリテーションを必要とする方のための中継地の病院です。医療介護連携を通して、重度障害の人や社会環境に課題がある人にも対応しています。

地域の皆様から信頼され、地域を支える病院として、これからも精進して参ります。

2020年8月   院長 木矢克造

日比野病院40周年記念誌(一部画像等を編集しております)

  1. HOME
  2. 当院について
  3. 理事長・院長 あいさつ